機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

数物セミナー第6回合同合宿in奈良


前の記事にも書いてあった通り、念願の数物セミナーの合宿に行ってきました。

数物セミナーとは
数学・物理に興味のある大学学部生を対象として、
大学・学年・分野などの垣根を越えた交流を目指した全国規模のセミナーです。
http://physmathseminar.web.fc2.com/index.html

今回見た限りでは
数学、物理、化学、生物、工学の学生が集まっていました。

皆さん、全国的に見ても意識の高い人たちで
寝ても覚めても学術書を開いているような人たちです。

良い意味で奇人、変人ばかりでとても楽しかったです。


セミナーなどを通して、本や論文をもう少し
「本当にこの記述は妥当か」と疑って読まなければならないと感じました。

また、
先輩の助けを借りて、今まで数学的操作しか出来なかったテンソルの
イメージがちゃんとつかめるようになりました。

そして、一番の収穫は
全国の大学にハイコンシャスな理系仲間が出来たことです。
このつながりをこれからも大事にして
また広げていきたいです。

今回は数物セミナー史上初の高専生参加者となりました。
日頃から理論の勉強を自主的にしている高専生なら十分に入り込めます。
高専からの参加者が少しでも増えてくれることを祈っています。
本当に楽しいので。



この夏の総移動距離はおよそ5000kmでした。
長距離バスの攻略法が分かった気がします(笑
今日からやっとまとまった休みが取れます。

残り約2週間は、卒研を進めつつ
文理問わず様々な本をたくさん読みたいと思います。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現代における教養と読書の有効性 | HOME | 夏休み前半終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。