機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

進路の選び方#その4(英語)

今回は英語についてです。


高専生は基本的に英語ができません。

はじめに言っておきます。
低学年の時から英語は頑張ってください。
天と地の差が出来上がります。

【英検をベースに】
私は基本的に英検をベースに勉強することをお勧めしています。
2級 準1級 などと言うようにレベルが明快に分かり
目標が立てやすいからです。

参考までに、ここにTOEICと英検のレベルの比較が書いてあります。
http://www.ncc-g.com/page32.html

これを見て、自分がどのレベルか自覚してください。

書店では英検の問題集などがたくさんありますので
続けられそうなものを選んでください。


【英単語】
単語を覚えるにはやはり繰り返しが必要不可欠です。
また、単語の覚え方は、人によって合う合わないが激しいところです。

一般によく売られているような、単語と意味が羅列してある
単語帳で覚えられるならそれでいいと思います。
ちなみに耳からもインプット出来るCD付きのものが良いと思います。


それでどうしても、合わない気がするという人に
次のタイプを勧めます。私はこっちでした。

文章の中で単語を覚えるタイプの単語帳

・速読速聴・英単語シリーズ Z会
・速読英単語シリーズ Z会
・DUO 3.0

これを毎日空き時間にCDで目と耳からインプットしてました。


これでTOEICなどでも大体いい点が取れるようになると思います。
工学系の人だと英検2級 TOEIC500~600程度の英語力があれば
ほとんどの大学の問題には対応できます。


【英作文】
編入試験に出るけど、英検やTOEICの勉強であまり出来ないことがあります。


それは英作文です。

・大矢英作文講義の実況中継―高2~大学入試 (実況中継シリーズ)
この本が一番優しくて、ためになる本でした。
この本と、適当な文法の本でだいたいの文は書けるようになると思います。

・大学入試英作文ハイパートレーニング和文英訳編
・大学入試最難関大への英作文―書き方のストラテジー
これらは上の本のあとにやると、英作文で注意すべき文法事項は一通りおさえられます。
あとは練習あるのみです。


TOEICの結果をみると大半の人はリーディングとリスニングで得意不得意が分かってくると思います。

【リーディング】
私もリーディングがどちらかといえば苦手です。

・英文解釈教室 改訂版 伊藤 和夫(著)
・ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
・ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ) 伊藤 和夫(著)

使ったことはありませんが評判は良いようなので挙げておきます。

私のように日本語でごちゃごちゃ書いてあるものよりあっさりしてる方が好きな人はこちら
・入門英文解釈の技術70 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
・基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
・英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)

リーディングに関しては大学受験関連で優れた本がたくさん出ていますので
書店でパラパラ見てみるといいでしょう。

【リスニング】
リスニングは慣れが大きく影響している気がします。

・キムタツの東大英語リスニング BASIC (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
東大と名前に入っていますが、最初は易しいところから始まります。
TOEICなどのリスニングでもある程度余裕をもって聴けるようになると思います。

・灘高キムタツの東大英語リスニング (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
一般入試の東大の内容を模した本です。TOEICのレベルをはるかに超えます。
最後の方の難問は日本語訳の文を読んでも意味が良く分からなかったり・・・

・キムタツの東大英語リスニングSUPER (英語の超人になる!アルク学参シリーズ)
この本は変態です。


あとはポッドキャストで英語のラジオの易しい
ものを探して聴いてみるのも効果があります。


【TOEIC】
最近、編入試験で英語の筆記試験を廃止する代わりに
出願時にTOEICスコアを要求してくる大学が急激に増えています。

TOEICで英語力が測れるか疑問ですが、こうなってしまった以上は
高専生はTOEIC対策をやるしかありません。
よく書店で見かけるTOEICの本は、英語力を上げるというより
点を取るためのテクニックが書かれているものが多いように感じます。

付け焼刃で何とかするよりも、基礎からちゃんと勉強していくことをお勧めします。


あと、TOEICを受けている時に思うのは、
最初からあきらめて鉛筆コロコロして寝ちゃうのは受験料をドブに捨てるようなものです。
2時間ぐらい本気でやってみましょうよ。それで点数が上がる人もいるはずです。




特に高専は英語の授業時間があまり確保できず、
結果的に短時間にたくさん詰め込もうとする教育になってしまっています。

こればかりは高専という学校の性質上しょうがないので
日頃から自分でコツコツとやっていくことが重要です。

英語について言いたいことは色々ありますが
収拾がつかなくなるのでこんなところで終わります。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<進路の選び方#その5(理学部) | HOME | 進路の選び方#その3(物理・化学)>>

この記事のコメント

その変態の本はやりましたよ( ´ ▽ ` )ノ
あれは難しすぎて自信なくします…
2012-07-11 Wed 19:00 | URL | ru_pe129 #-[ 編集]
私は、書店のサンプルを聞いただけですが、
「良くこんな本作ったな」という感じです(笑
2012-07-11 Wed 19:28 | URL | yoshidars #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。