機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

進路の選び方#その2(数学)

教科別に勉強の方針を示しておきます
今回は数学です。

(数学)
編入試験の数学は、基本的に高専で使っている
大日本図書の数学の教科書と問題集で
十分だという場合が多いです。

何をすべきか迷ったらとりあえず、教科書をやるのが一番です。

あと、レベル別に編入試験で使える参考書を挙げておきます。
タイトルだけ載せておくので、アマゾンあたりで検索してみてください。

レベル1(教科書+αぐらい)
・マセマ 大学数学「キャンパス・ゼミ」シリーズ
これでもかというくらい易しい語り口で書いてある本です。
馬鹿にしてるのかというレベルをやっていたかと思うと
気づいたら編入試験で十分なレベルに達しています。


レベル2(試験がある程度出来るようになる)
・大学編入試験対策編入数学徹底研究
 桜井 基晴 (著)
教科書で足りてない部分を補うには良い本だと思います。
例題の後、演習問題として、実際の編入試験に
出た過去問が載っています。解説も丁寧です。
章末問題までやれば、オーソドックスな編入試験の
問題はだいたい出来るようになります。

・新編高専の数学2問題集 第2版
・新編高専の数学3問題集 第2版
高専によってはこれを授業で使っているようです。
大日本図書の問題集より、問題が高密度です。
問題がABCと3段階に分かれていて、
B・C問題は編入試験に出るようなレベルです。
ただし、この問題集解答がとんでもなく雑です。
このサイトに解答が詳しく載っているので
解いていて止まってしまったら見てみましょう。

Give and Take ~高専の数学~
http://www.geocities.jp/arrogant_give_and_take/


レベル3(世間でいう「良い大学」を受ける人)
東北大や東京工業大学などを受験したい人は、さらに

・大学編入試験問題 数学/徹底演習 (第2版) - 微分積分/線形代数/応用数学/確率   林 義実 (著)
編入試験に出た過去問を集めたような本です。
個人的にはそんなに良い本とは思いません。
微妙な問題の中に、たまに良問が紛れているという印象です。
その良問を探すためにやる感覚で良いと思います。

・ベクトル・行列・行列式 徹底演習
林 義実 (著)
線形代数範囲の問題集です。
これが出来ればだいたいの大学の線形代数は大丈夫でしょう。

・編入数学過去問特訓
 桜井 基晴 (著)
私の一押しです。
編入試験で役に立ちそうな問題がたくさん載っています。
ここまで来ると東大あたりでも合格点取れるぐらいになるかと思います。


レベル4(最難関レベル)
東京大学、京都大学、大阪大学を考える人は

・演習大学院入試問題〈数学〉I・II
 姫野 俊一 (著)
余裕があるならここまで目を通しておくと良いと思います。
全部出来る必要はないです。
出そうな感じの問題をやればOKです。



あとは、過去問がたくさん載っているサイトとして次を紹介します。
http://www.geocities.jp/hennyu_sugaku/


数学については以上です。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<進路の選び方#その3(物理・化学) | HOME | 進路の選び方#その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。