機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

シラバス

 今日ちょっと明石高専のページに行ってシラバスを見てみました。

うちの高専は、数学が数列とか数学的帰納法で終わるんですが

明石高専は、微分積分に触れるところまで行って終わるんですね。

こっちより4週ぐらい先を行ってます。


なんで明石高専のシラバスを見たかというと、東大進学率の高い高専では、

どんな教育がされているのか見てみたかったからです。

明石高専の他にも群馬や沼津も見てみました。

どれにせよ、一般科目がうちの高専よりも充実していて

いかにも進学対策に特化しているように見えました。


このままうちの高専のシラバスに従っていたら受験に間に合わないので

自分で先に進めることにしました。

予定としては、春休み中に高校数学を終わらせて

高専の微分積分に手をつけます。

2年生から3年生の前期にかけて応用数学や確率統計も終わらせて

それ以降は、ひたすら問題演習としようと思います。

教科書は寮の大掃除のときにでも拾ってこようと思います。


英語に関しては、英検とTOEICをペースメーカーにしてどんどん進めていき

東大の合格ラインと思われるTOEIC700点台に3年生までに乗ろうと思います。

あと、理工学系の単語が本番出題されると予想されるので

工業英検も2級までとろうと思います。


今から対策をはじめれば合格する確率が高くなるので、

「受かるべくして受かる」そんなふうになれるようにがんばろうと思います。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2008年度第3回実用英語技能検定 | HOME | クラス分けテスト>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。