機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

研究室選択

 まず、英検落ちました。
自己採点の結果得点が半分しかありませんでした。
でも、前の30点よりはまあまあ上がってます。

明らかに勉強不足なので、春休みにでも
もっとちゃんと勉強したいと思います。

1年以内にまた受けます。


とりあえず今は日曜のTOEICの勉強をやってます。


来週は機械科の卒研発表会があって、
来年からのセミナーの参考にするために3年生も出席します。
これを見て、3年生は自分の所属研究室を決めることになります。

KEKの放射光施設を見たせいか、このごろ光に強い興味を持つようになりました。
結局、材料科学というよりも、応用物理や電子工学の研究分野に
興味がぴったり当てはまっています。

先輩からの情報なんかでも、うちの学校の材料の研究室は
自分の求めてるものと意外と違う事が分かってきました。

ということで、興味のあるナノテクや電子工学に一番近い研究室は
どこだろうと考えてみると、放電加工の研究室が思いつきました。
機械科で一番評判の良い研究室で、先生の人柄や研究の質が良いという話をよく聞きます。

どうするのかは、卒研発表を実際に見て決めたいと思います。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<TOEIC公開テスト | HOME | 推薦入試>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。