機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

日本に帰国///オーストラリア生活体験記(1)

オーストラリアに2週間行って参りました。

たった2週間ですが良い意味で世界観がかなり変わったと思います。


日本では当たり前のことが他の国では普通ではないということがたくさんありました。

一つの記事にまとめるのは無理なので小分けにして語りたいと思います。


まず現地について最初に思ったことが、日本はみんな肌の色が一緒だけれども
シドニーには様々な人種、民族の人々がいるということです。
インドの人だとか白人だとか黒人だとかみんないます。
逆に帰ってきて最初に「うわ 日本人ばっかり」と思ってしまうほどです(笑)



日本は東アジアにあるちっぽけな国ですが、中身は大きな国であることも実感しました。
シドニーの街をみていると走っている車のほとんどがトヨタ、マツダ、ホンダなど
日本車ばかりです。家電量販店に行けばソニー、パナソニック、東芝など
日本は海外からは「ハイテクの国」という印象が強いそうです。

また、アニメーションやサムライも健在で日本が世界に与える影響は大きいことが確認できました。

日本人は世界の日本を誇りに思っていいと思います。

あとはまた今度書きます。
スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<急に忙しくなった | HOME | オーストラリアへ出発>>

この記事のコメント

今もそうかは分かりませんけど、日豪間では加工貿易があるから日本企業の製品が多いんではないでしょうか?

「英国人の発見、日本人の開発」といつかの英国首相が言ったとがあるそうですが、それでも日本製品の性能の良さは負けてませんからね。
詳しくはブルーバックスの『世界を制した「日本的技術発想」』に書いてます。

外国からハイテクな国と思われている日本が母国なのは嬉しいですね。


新聞のコラム欄に書いてありましたが、他に日本が影響を与えているのには「もったいない」がありますよ。
2010-09-25 Sat 21:13 | URL | KAZU #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。