機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

チューター選出

 今日、留学生のサポート役であるチューターに任命されました。

来年うちの機械科のクラスにマレーシアからの留学生がやってくることになり

寮生から1人と通学生から1人チューターが選出されました。

説明会が来週あり、詳しいことを聞かされると思います。

チューターは日本の文化についてや日々の学習など
また、寮生活についてなどいろいろなことの指導をする仕事があります。

マレーシアの人は、マレー語・英語・タミル語が分かるようで
日本語は勉強しているのでだいたい理解できるはずですが
たまに通じないときは英語で会話することになります。

今年のチューターをやった先輩も時々英語で意思疎通を図っているのを見ました。
自分の英語を鍛えるいい機会だと思います。


高専機構はマレーシアと留学生の受け入れに関する協定を結んでいるそうで
毎年50人以上のマレーシア人留学生を受け入れているそうです。

彼らは、政府からすべての資金を提供してもらって
留学してくるぐらいですから、国の超エリートです。

クラスで留学生が落ちこぼれるということはほとんど無いそうです。

留学生は高専の3年生に入る前の1年間東京に集められ
事前に高専の2年生に追いつくぐらいの内容を勉強してから
こっちに来ます。

とは言っても日本語は難しいようで、入学時に完璧なレベルには
いくはずもなく、今年来た留学生の人も
部屋の電気についての説明が理解できなかったようで
電気を消すためにブレーカーごと落としていました。

留学生教育のために、日本語の教科書のような日本語と
ヒンズー教・イスラム教についてちょっと勉強しておくように言われたので
いろいろ調べてみようと思います。

スポンサーサイト


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<数検準1級リベンジ | HOME | 英検準1級>>

この記事のコメント

僕の高専にも3年に留学生が来るので、話せるように頑張りたいです。
2010-01-26 Tue 21:19 | URL | KAZU #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。