機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

今年を振り返る

大晦日ということで今年を振り返ります。

今年1年を漢字1文字であらわすと





です。

今年は人生の大きな転機になった年です。


もともと、なんとなく宇宙という壮大なものにあこがれて
宇宙工学をやりたいと言って高専に来たわけですが

科学オリンピックへ参加したことによって
物理で覚醒しました。

物理チャレンジに出てなかったら、こんなに
本気になれる物を見つけられなかったと思います

一時は物理も工学もやりたいという事でしばらく悩みましたが
結局は応用物理・物性物理学で落ち着きました。


勉強に対する考え方も変わりました。
受験のための勉強ではなく
知的好奇心に従って勉強するようになりました。

1年本気で悩んで自分なりに良い結論にたどり着けたと思います。
「これだ!」というものが見つけられました。



また、今年は人脈が数倍に増えました。

学生会の高専祭運営に携わって、いろいろな経験ができました。

水泳の全国でも表彰台に上がれました。

海外にも出て日本を外から見ることが出来るようになりました。


まさに、自分がわった1年でした。



来年も有意義な1年にしたいと思います。

応援よろしくお願いします

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサーサイト
日記 | コメント:8 | トラックバック:0 |

テルソン

砂川重信の理論電磁気学パラパラ眺めてたら

爆笑の間違いを発見しました。

かわいいですね

201012301553000.jpg


お気づきでしょうか

テンソル が テルソン になってます。

このセクション全部テルソンになってます
(※本文はちゃんとテンソルになってます)

今度からテルソンと言ってしまいそう(笑)

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニュートリノ

先日の記事に基礎研究はいつか役に立つみたいなこと
書きましたが今日その例を見つけました。

今年のノーベル賞にも出てきたグラフェンです。
これは実用化まっしぐらといった感じですが
実はグラフェンの研究にニュートリノが絡んでくるそうです。

「役に立たなそうな研究」の代表例だった素粒子研究が
徐々に応用の分野に足を踏み入れようとしています。
(確か、東大の物性研の研究だったと思います)


サイエンスキャンプで
自分の方向性がちゃんと分ったところで
大学の研究室をここ数日調べています。

最初は、材料工学のところだけ見てました。
しかし、実は自分がやりたい材料物性・物質科学の分野の研究室は
材料工学よりも応用物理の方が、その研究室が多いということに
気づいて調べ直しました。

物理色の強い材料科学をやろうとすると、やっぱりこうなるみたいです。

結局、春のの進路希望調査に書いたのと変わってないような気が・・・

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

解析力学の本終了

解析力学の本が読み終わりました。
ハミルトンの主関数が作用と一致したときは感動しました。

力学の系の対称性があるからこそ古典力学は美しいということがよくわかります。

しばらくの間線形代数を一通りやっていきたいと思います。
具体的に言うと
ベクトル空間
テンソル代数
エルミート行列など
極めます。

あと余裕があったら量子力学と特殊相対性理論の本を読みたいです。



そういえばネットで相対性理論は間違っているというサイトを見つけました。

この手のサイトは定義を根本的に変えていたり
仮定を事実として扱っていたり突っ込みどころ満載です。

念のため言っておきますが
相対性理論は加速器実験でも証明されている事実です。


議論を重ねずに理論を新たに作るのは不可能ということです。
(そうしなければただの妄想です)

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

研究者というもの

前の記事には書ききれなかったこと書きます。

このWSCでの1番の収穫は研究者という人間がちゃんと見えたということです。

驚いたこと・感銘を受けたことを書き残しておきます。


・意外だったこと
KEKの研究者でもマクスウェル方程式やボルツマンの式などを
満足に暗唱できる人が少ないということ。
結局、「本やネットで調べれば出てくるからいい」ということだそうです。
しかし、式を見てそれが何を表わしているかというイメージは
絶対つかめないとダメだと言ってました。
(別の言い方をすると、数式を見てイメージできる人は才能があるということだそうです)

つまり、「詰め込む」のではなく「理解する・解釈する」方が重要だということです。


・進路について
「大学に行った後のことまでちゃんと考えなさい」と言われました。
これは、僕は出来てる自信はありますが、普通高校の人はあまり考えてないようで
大学院の存在も知らないという人が結構いました。


・実験方法について
「実験が終わってから誤差の検討をするのではなく
 実験をする前にどの要素が誤差に大きな影響を与えるか考え、
 どこに手間やお金をかけるかを知らないといけない」

これは高専の授業でも言われたことありませんでした。
一つ賢くなれました。


・コミュニケーション
これからの時代は、科学技術の知識量はどんどん増えて膨大になり
比例して研究の規模も大きくなっていくから、日本だけでもなく
世界中の研究者と会話することになる。よって、社交性や語学力は
学生のうちに絶対磨いておくべき というお話がありました。
英語の勉強や行事の役員はやっておいたほうがいいようですね。


・役に立つ研究か?
基礎研究の中身を見て「こんなこと何の役に立つの?」という人がいます。
事業仕分なんかをみてるとその傾向が顕著です。
講演してくださった先生がノーベル賞の小柴先生の言葉を用いてこんなことを言ってました。
「電子が見つかった時、これが一体何の役に立つのかなんて考えていた人は1人もいない。
しかし現代で電子の科学技術は、無くてはならないものになっている。同様に今は、
何の役に立つのか分からないものでも、数十年数百年したら無くてはならないものになる
かもしれない。だから、基礎研究は科学技術の発展にとって、とても重要なのである。」
これには感動しましたね。どっかの国会の誰かさんに聞かせたいものです(笑)


・自分のやりたいことをやる
「この分野は難しそうだからやらないとか、役に立ちそうにないからとか
自分で勝手に道を閉ざしていってしまっては、自分に適した将来設計はできない。
自分の好きな事・やりたい事というものを追いかけるべきである。たとえそれが
いばらの道でも、自分が夢中になれることなのだから苦にならないはずだ。」
KEKの機構長のお話の一部です。さすが機構のトップです。その通りだと思いました。


あとは外では絶対言えないような危ない話も結構聞きました。
どこにでも裏はあるんですね(笑)


WSCに参加して本当にいい刺激になりました。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

サイエンスキャンプ in KEK

 サイエンスキャンプを終えていま帰ってきました。

いい意味で期待を裏切られました。

高校生なんだから教科書+αぐらいだろうと
たかをくくっていました。

しかし、実験の内容はサマーチャレンジを簡易化しただけような高度な内容で
講義も量子力学やら、放射光科学、素粒子、核物理の内容が
容赦なく出てきました。
僕のグループではフーリエやら特殊関数の話まで扱ってます。
今回から内容を変えたところが多いそうです。


授業は朝8時過ぎから始まって日付が変わる手前ぐらいまでやってました。

まず、思ったのが人間が違うということ。
JAXAのコズミックカレッジを想像していったので
そこまで期待していなかったんですが
個性的で、好奇心にあふれて、学者の卵的な人がたくさんいました。
比例して中高一貫の名門校の名前がたくさんあった気がします。

そして、先生方が熱かったです。
疑問に思ったことを聞くとそれ以上のことまで教えてくれました。
3日間だけで相当な知識が身についたと思います。

高専教育の良さも分かりました。
高専では普通でも普通高校の人にとっては普通でないことがたくさんあります。
実験の手際がだいぶ違います。
高専教育では測定法、データの扱い方、レポートのまとめ方を
スパルタ式で体に叩き込まれるので、かなり差があるような気がしました。
普通高では実験の授業は高専と違ってほとんどないらしいです。


ついでに将来の話もたくさんしました。
材料に
理学からのアプローチをするか
工学からのアプローチをするか
これについては、最先端に行くと、やはりやっていることはほぼ一緒。
実験屋としてやっていくのなら、工学から行ったほうがいいだろうと言われました。
・どちらにせよ物理学の知識は必要
・実験道具の製作のほうにも力がつく
・学科や研究室が就職先のコネクションを持っている場合が多いから保険になる
といった理由から材料「工学」のほうがお得だろうとのことです。


一番うれしかったのは、研究者の方と話していて
「君と話していると、大学院生の相手をしてるみたいだ」
と言われたことです。

自信もついたし、これからもっと勉強しようという
モチベーションもかなり上がりました。

高専祭で忙しくてサイエンスキャンプは見送ろうかなんて考えたこともあって
今思うと、その時「いや、やっぱり行こう」と申し込んで正解でした。

3日間ですが濃く充実していて、とてもいい経験ができたと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

つくばへ

今日で学校も終わりです。

明日の午前中で寮が閉まりますが、僕は家に帰らずに
そのままつくばのKEKに向かいます。

サイエンスキャンプ初日は放射線の実験と
ウェルカムパーティがあるそうで楽しみです。

3日間楽しんできたいと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

年末

今日で材料学が戻ってきたので11教科出そろいました。

材料学:95点(最高点)
持ち込みだけど持ち込まずに最高点取れました。
満点じゃないのは1か所図を書くの忘れていたからです。


途中2位に追いつかれそうになってひやひやしましたが
1位キープできました。


年末のせいか課題地獄が続いています。
うちの学校の3年生は必ず社会科に苦しむようになっていて
結構厳しい課題が出てます。
提出も回数制限があって今日それを使い切りました。
あとは合否を聞くだけです。不合格のときは、まあしょうがない。

設計計算書やら実験レポートやらいろいろありますが
もう少しで冬休みです。
この土日で片付けたいと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

作用

テストも終わり明日は高専祭の実行委員会の打ち上げです。

今日は
工業力学:88点
1ヶ所答えに重力を足すの忘れてた。配点がみんな大きいからこのざま。


今は解析力学の本読んでます。

ランダウの力学の
ハミルトンの原理からオイラー・ラグランジュの方程式が出てくるって
すごいと思います。
それからはずっと作用の意味について考えてます。
いろんな本を見て解釈出来たらと思います。

来週から量子論に行く予定です。
経路積分にも手をつけたいな

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

後期中間テスト最終日

長かった戦いもついに終わりです。

材料学:持ち込みのテストですが、試しに僕だけ持ち込まずにやってみました(9割~満点)

情報処理:いつもより問題数が少なかったので見直しする余裕がありました(9割ぐらい)


ちょっと今回クラスのトップ2が接線をしていて、3位には100点差です。
負けたらどうしようかと思ってましたが
材料学が難易度高めだったので、差がつけれました。

今回は今のところ国語を抜けば平均97点です。
国語入れると6点ぐらい下がり・・・

このままいつも通り勝てたらいいなと思います。


あとは英検に向けて、英単語覚えたり
物理学やって遊んだりしたいと思います。

そろそろ量子論に深めに手をつけたい・・・

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

満点だと思ったのに

今日でテスト半分もどってきました。

電気工学:99点
一ヶ所式書いて正しい答えが出てきたのに、回答欄に
違うものを書いていたというミスで1点減点。

国語:60点
奇跡が起きました。微積とか物理の100点よりこっちの方がうれしいです。
現代文が難しすぎます。もはや日本語じゃない気がする・・・

あと昨日は

工業力学:授業聞いてないのでテスト範囲すら知らなかったけど全部できた。(9割~満点)

残るは火曜日の材料学と情報処理です。
この土日で頑張ります。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サイエンスキャンプ参加決定

 サイエンスキャンプの結果が来ました。

今年のクリスマスは
大学共同利用機構法人高エネルギー加速器研究機構
にて過ごすことになりました。

KEKはかなりの高倍率だったと思いますが意外といけました。

もし、KEK行く方がこの記事を見てたらよろしくお願いします。

メインはやはり実験や講義ですが、
第一線で活躍する研究者にお会いして会話出来るのが一番の楽しみです。

それまでに簡単に予習をやっておきたいと思います。



今日は英語と応用物理が戻って来ました

英語:82点(最高点)
授業をまったく聞いていなかった割にによくできました。

応物:100点
今回2つ目の100点です。先生が一つだけ難問を出したつもりだった
ようですが僕には簡単過ぎました。トラップも全部避けきりました。

明日は電気工学と工業力学です。

工業力学は範囲すら知らないので勉強しません。
電気工学は明日勉強します。

そういえば
1月のTOEICと英検準1級を申し込んで来ました。
今回はオーストラリア留学の時の女の子と
勝負することになっているので負けないように頑張ります。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。