機械工学科の工業高専生が大学(旧帝大?)に編入を試みる日記

移転しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサー広告 |

第152回TOEIC公開テスト

今日はTOEIC受けてきました。

1年生のときに受けたときは
知らない単語が多くて勘でやっている部分が
多かったんですが、今回は1年間いろいろ学習したせいか
ほとんど分かりました。

少なくとも500点は絶対にいっているはずです。
600後半から700点ぐらいの
点数がとれていたらいいなと思います。

3年生のうちに800後半から900台を目標にしておきます。

結果は、2月の終頃に分かるそうです。

とりあえずTOEIC賞はゲットできた模様。



数検を数学の先生に見てもらいましたが
おそらく満点だそうです。

今回の数検準1級の2次の内容は
選択

1:座標平面上の線分の長さの最大値を求める問題
方程式作って、それを関数とおいて、微分して極大がどこか求めればOK

2:正三角形を作る3つのベクトルの合成したもの同士がなす角を求める問題
ベクトルの長さを適当な文字でおいて、内積を使って求められる

必修

6:組み合わせを含んだ不等式の証明
数学的帰納法を使ってみると、最終的に何とかなる。

7:多分一番難しい。
級数が混じった不等式の証明と極限を求める問題
級数を区分求積法の分け方と見て積分の形にして
それを計算すると、他辺の式にそっくりなものが出きるので
一旦整理して、指数が1より小さい正のときのべき関数を考えて
大きさを比べて証明をする。
極限値は、この不等式ではさみ打ちのようなことをして
級数の和の極限をとって、それを求めたい式に代入する。


これが僕の解いた問題ですが、他の問題も似たようなレベルでした。
前回は必修問題が簡単だったんですが、
今回は大学入試の2次試験ぐらいのレベルになってました。

僕が勉強したから簡単なのか、それとも問題自体が簡単だったのかは
よく分かりませんが、それは合格率を見て考えようと思います。

先生によるとこれが初受験だったら、文部科学大臣賞も
あり得たかもしれないとはいわれましたが、
校内初合格者になれただけで十分です。

春休みに頑張って夏か秋ぐらいに1級を目指します。

1級は数学オリンピックや東大京大の入試問題レベルの内容
難しめの編入試験の問題ぐらいの内容が出題されるようで
かなりの難関です。

受かったら今後の強い武器になるとおもうので
頑張ってみようと思います。

今日は実験のレポートをやってあとはゆっくりしようと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
スポンサーサイト
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

数検準1級リベンジ

 今日は、数検準1級を受けてきました。

前回はあと一歩及ばずの不合格となってしまいましたが
今回は上出来です。

全部ほぼ完答できたと思います。満点だといいです。

最後の級数を積分の形にして、不等式を証明する問題があったんですが

どう見ても不等号が逆のような気がしたんですが
ただの勘違いでした。

前回は2時間全部使っても足りないぐらいだったんですが
今回は40分も余りました。

前回よりは問題が簡単になっていた感じがします。

多分受かっているはずですが、今度気が向いたら1級を受けてみようと思います。

いい波が来ているようなので明日のTOEICも700突破できるように頑張ります。



↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

チューター選出

 今日、留学生のサポート役であるチューターに任命されました。

来年うちの機械科のクラスにマレーシアからの留学生がやってくることになり

寮生から1人と通学生から1人チューターが選出されました。

説明会が来週あり、詳しいことを聞かされると思います。

チューターは日本の文化についてや日々の学習など
また、寮生活についてなどいろいろなことの指導をする仕事があります。

マレーシアの人は、マレー語・英語・タミル語が分かるようで
日本語は勉強しているのでだいたい理解できるはずですが
たまに通じないときは英語で会話することになります。

今年のチューターをやった先輩も時々英語で意思疎通を図っているのを見ました。
自分の英語を鍛えるいい機会だと思います。


高専機構はマレーシアと留学生の受け入れに関する協定を結んでいるそうで
毎年50人以上のマレーシア人留学生を受け入れているそうです。

彼らは、政府からすべての資金を提供してもらって
留学してくるぐらいですから、国の超エリートです。

クラスで留学生が落ちこぼれるということはほとんど無いそうです。

留学生は高専の3年生に入る前の1年間東京に集められ
事前に高専の2年生に追いつくぐらいの内容を勉強してから
こっちに来ます。

とは言っても日本語は難しいようで、入学時に完璧なレベルには
いくはずもなく、今年来た留学生の人も
部屋の電気についての説明が理解できなかったようで
電気を消すためにブレーカーごと落としていました。

留学生教育のために、日本語の教科書のような日本語と
ヒンズー教・イスラム教についてちょっと勉強しておくように言われたので
いろいろ調べてみようと思います。



↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

英検準1級

 今日は、近くの大学で英検準1級を受験してきました。

まず、感想としては難しかったです。

会場に行ったら約20人中高校生が3人ぐらいで
あとは大学生以上の人たちでした。

ちょっと緊張していたんですが
前に座っていた人の服に値札がつけっぱなしで
それをみたらリラックスできました。

3日前に最近の過去問を解き始めたんですが
5割しか当たらなくて、語彙の部分に関しては
2割ちょっとしか分かりませんでした。

これでものすごくあせって、3日間で1800の単語を
無理やり頭に詰め込みました。
特に昨日は1日中単語を覚えつづけ
ご飯の時も単語帳を開いてました。

そのせいか、リーディングのパートは
思ったよりできたと思います。

準1級は英語で手紙を書くんですが
テーマや設問がたいして難しくないので
10分かからずにおわりました。

そして、リスニングですが
喋ってる文が複雑で、いまいち分からないまま
終わってしまいました。

僕はリスニングはかなり得意としていて、
英語のテレビを見てもだいたい分かるんですが
それでも難しかったです。

みんなどんな解答をしているのか気になって
マークシート回収の時、チラ見したんですが
(カンニングじゃないですよ)

みんなバラバラで、自分の解答に自身が持てなくなりました。

明日、回答が発表されますが多分落ちてるか
受かってもギリギリかという出来だと思います。

2級ぐらいまでは、試験時間半分寝てても
8割以上とれたんですが、準1級の壁は厚いようです。


帰ってからTOEICの問題をみたらすごく簡単に感じました。

TOEICは、とても幅広い人たちの英語力を測るため、
英検準1級ぐらいのものから、3級レベルのものまで
いろいろな問題が出るので、楽なんですが

英検は級ごとのレベルにあった問題しか出さないので
英検準1級の方がTOEICより難しくなります。

とりあえず、今度は1週間後の数検とTOEICにむけて
気持ちを切り替えていこうと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

講義ノート

 何となく整数論の勉強をしてみようと思ったので

ネットで大学の講義ノートを探してみました。


世の中には、親切な人がいっぱいいるようで
中身のしっかりした講義ノートが数多く見つかりました。

他にも物理や微積の講義ノートも探してみましたが
なんで無料なんだろうと思うくらい良いものが結構見つかりました。

問題集とか以外はネットで講義ノート探した方がはるかに安く済みそうです。

図書館とネットの講義ノートで教材はほとんど揃いそうなので
今度からそっちをメインに使っていこうと思います。


↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

サイエンスキャンプ

 毎年、年3回科学技術新興機構がサイエンスキャンプいうのをやってるんですが

今年の春サイエンスキャンプの申し込みをしたいなと思っていろいろ調べてたら

予想以上に倍率高いですね。びっくりしました。

平均して2倍ちょっとで人気あるとこは6倍ぐらいになってるようです。

ということで申し込み用紙のもっとも重要な参加理由のところを
かなり頑張って書かないといけないですね。

だいたい500字から600字ぐらいでまとめることになると思うんですが

とりあえずPCでかいてちゃんと推敲してみようと思います。


第一希望は、東大の数物連携宇宙機構です。
ここは日本でも数少ない数学物理の研究所です

数学と物理は研究者になっても良いくらい好きなんですが

理学系のしかも理論系の研究者はどうやって食ってるのか

疑問で、将来の目標の対象からちょっとそれてたんですが
今回はその疑問を払拭すべく参加して見ようと思いました。

なにやら英語で授業をするそうで、ありえないレベルだなと思ったんですが
英語力を試す良い機会だなと思ったので気にしないことにしました。

こういう純粋な理学のサイエンスキャンプのプログラムは今までに
多分なかったので5~8倍の倍率になることを予想しています。

集まってくる人のなかにも数学・物理の超人的な人がいそうな気がするので
おもしろい話ができたらいいなと思います。(数学オリンピックとか)

クラスで現代数学とか現代物理の話をしても、誰とも話は合わないし
気持ち悪がられるのでぜんぜんしないんですが、サイエンスキャンプなら
いくらでも話せそうな気がします。



あ、そうそう数学オリンピック出ようと思ってたのに

10月末の申し込み締切りとっくに過ぎてて(完全に忘れてました。)、
もう○○オリンピック的なものは出れませんね。
(出れなくはないんですが先に進めないとこがいろいろと。。。)

その分数検を頑張ろうと思います。


ちなみに数物連携宇宙機構がだめなら第二希望はNTTの研究所です。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |

新年のご挨拶

もう明日で冬休みも終わり・・・早いですね。

昨年は祖父が亡くなっているのでお祝い系の言葉は使えないんですが
新年のご挨拶申し上げます。

昨年は多くの方にこのブログを支えていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
本年も応援よろしくお願いします。

さっき「高専 ブログ」「高専生 ブログ」でググったら1ページ目にこのブログが出てきてビックリしました。

もしかしたら、ブログの存在を教えていない知り合いも実は見てたりするんでしょうか?

偉そうな事いろいろ書いてますがお許しください


ブログ設立当初はここまでこのブログが発展するとは思いもしませんでした。

いろんな人たちに見守られているんだなと思うと
怠けてばかりはいられないなと改めて考えさせられました。

まずは、今月の英検数検準1級とTOEICに向けてたくさん勉強していきたいと思います。

↓ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。